パックロッドの写真

バス釣り|コンパクトにたたんで持ち運べるオススメのパックロッドを紹介!

出張や旅行などの出先で川や湖など、たまたま釣りが出来そうなポイントを発見して「釣りがしたいな」と思った事があるのではないでしょうか?

今回は持ち運びに便利なパックロッドのメリットやオススメのロッドを紹介していきます。

 

 

パックロッドとは


パックロッドの説明画像
脱着が出来るタイプ
伸縮可能なロッドの写真
伸縮可能なタイプ

パックロッドとはロッドを複数のパーツに分け、分解や組み立て、または伸縮を可能にしたタイプとあり、どちらも使わないときは小さくたたむ事が出来ます

釣り場への移動が電車やバイク、または自転車といった場合にとても便利で、車移動の方も常備しておくのにとても適しています

保管場所を圧迫しないのもうれしいです。

 

パックロッドの種類


パックロッドには大きく分けて2種類あります。

一つ目はテレスコピックと呼ばれるタイプで、掘出し竿とも言われます。

テレスコピックタイプの写真
テレスコピック、または掘出し竿と呼ばれるタイプ

このタイプは伸ばす事でロッドの形になり、使わない時は一本にまとまっています。

このことからテレスコピックタイプは持ち運びに関してとても優れています。

そしてもう一つはロッドをいくつかのパーツに分けて持ち運べるタイプになります。(2ピースロッドや4ピースロッド、またはマルチピースとよく呼ばれていますね)

マルチピースロッドの写真
こちらは4ピースタイプのロッド

こちらのタイプは少しかさばりますが、テレスコピックタイプより強度があります

現在販売されているパックロッドはこのタイプが多いです。

 

バス釣りにオススメのパックロッド


それでは、バス釣りに適したパックロッドを紹介していきます。

アブガルシア ホーネットスティンガーPLUS マルチピースモバイルモデル

ホーネットスティンガーPLUSマルチピースモバイルモデル
出典:ピュアフィッシング

バス用パックロッドのシリーズとしては珍しベイトフィネスロッドからビッグベイト専用のロッドまであり、このシリーズだけでバス釣りのほぼ全てのスタイルが完結してしまいます

それではどんなモデルがあるのか見ていきましょう。

(現在アマゾンでは人気のためか、商品の売り切れが頻繁に起きてるようですね)

 

 

ホーネットスティンガーPLUS 635ML-TE (バーサタイルスピニング)

テレスコピックタイプのスピニングロッドで、ロッドの性質としてはバス釣りの基本となる、いわゆる「最初の一本に最適」な性能を持ったスピニングロッドになります。

仕舞寸法48cmと非常にコンパクトで軽量、約2g~9gと軽量なルアーを幅広く扱うことが出来ます。

 

 

ホーネットスティンガーPLUS 665M-TE (バーサタイルベイト)

こちらも、いわゆる「最初の一本に最適」な性能を持たせたテレスコピックタイプのベイトロッドになります。

仕舞寸法50cmで約5g~21gと広い範囲のルアーウェイトを扱うことが出来き、バーサタイルなロッドとなっています。

 

 

ホーネットスティンガーPLUS 694ML-BF MGS (ベイトフィネス)

4ピースロッドとしては珍しいベイトフィネスロッドとなっており、出先で気軽にベイトフィネスタックルでのバス釣りを楽しめます。

 

 

ホーネットスティンガーPLUS 744X-BB (ビックベイト用ベイトロッド)

ビックベイト専用に設計されたパックロッドであり、4oz(約134g)までのルアーを投げる事が出来ます。

 

 

ホーネットスティンガーPLUS  704M (パワーフィネス用スピニング)

PEラインでのパワーフィネス使用を前提に作られたスピニングロッドで、7フィートという長さを活かして遠投も可能なモデルです。

 

 

 

シマノ トラスティック

シマノ トラスティックの画像
出典:amazon

シマノトラスティックの大きな特徴は4ピースでの使用と5ピースでの使用が可能なので、ロッドの長さを状況に応じて1フィート(約30cm)変える事が出来ます

 

 

トラスティック S610L (バーサタイルスピニング)

トラスティックS610Lは180cmと210cmに変更可能なスピニングロッド。

ブラックバスを釣る際には210cm、トラウトを狙ったり藪漕ぎをする際にはコンパクトな180cmといった使い方が出来ます。

 

 

トラスティック S710L (パワーバーサタイルスピニング)

トラスティック S710Lは210cmと240cmに変更が可能スピニングロッドです。

使い分けとして普段のバス釣りでは210cmで使用、遠投が必要なオカッパリだったりシーバスを狙う時などは240cmで使用するなどの使い分けが出来ます。

自分のフィッシングスタイルに合わせて選びましょう!

 

 

ダイワ モバイルパック

ダイワ モバイルパックの画像
出典:Amazon

 

ダイワのモバイルパックはテレスッコピックタイプで、収納時にはとてもコンパクトで非常に軽量である事からバッグなどの荷物に忍ばせておくには最適なロッドです。

使用魚種も特に限られているわけではなく、オールラウンドに使えてパワーや長さも多数ラインナップされてますので、バス以外の釣りをする方にもオススメです。

 

 

モバイルパック 615TLS (バーサタイルスピニング)

モバイルパック615TLSはハードプラグやワーム、そしてジグまでこなせるバーサタイルロッドとなっておりオカッパリのバス釣りにとても適しています。

 

 

モバイルパック 705TMLS (パワーバーサタイルスピニング)

モバイルパック705TMLSはオカッパリのバス釣りで遠投やパワーのある釣りを方にオススメのモデルです。

 

 

モバイルパック 665TMB (バーサタイルベイト)

モバイルパック665TMBはルアーウェイト5g~18gとライトテキサスから巻物まで幅広く使えるバーサタイルロッドになります。

 

 

モバイルパック 705TMHB (パワーバーサタイルベイト)

モバイルパック705TMHBはオカッパリにおけるパワーフィッシングに最適でテキサスやスピナーベイトなど、多少重いルアーも快適に扱う事の出来るモデルです。

 

 

便利な補助アイテム


マルチピースタイプのパックロッドのつなぎ目を保護し、ズレにくくするためのアイテムがありますので是非活用してみて下さい。

スミス ロッドフェルールワックス 5g

ロッドフェルールワックスの画像
出典:Amazon

 

 

最後に


いかがだったでしょうか?

普段使いから旅行まで、出先で釣りを楽しむために是非パックロッドを活用してみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

それでは、良い釣りを!

 

オススメ記事:バス釣り|広い用途で使える万能なオススメのベイトリール!