ロッドの写真

バス釣り|リールの右巻きと左巻きってどう選ぶの?違いやメリットとは

リールを選ぶ際、右巻きと左巻きで迷った経験はないでしょうか?

今回は右巻きと左巻きでの違いやメリットを紹介していきたいと思います!

利き手で何をするのか?


まず重要になってくるのは、右左というよりも利き手で何をしたいのか?ということになります。

多くの方は恐らく利き手の方が力があり、細かい作業が得意なはずだと思います。

その利き手でロッドを持つのか?リールのハンドルを握るのか?といった要素がそれぞれに違ったメリットがあり、釣り方に関わってきます。

それでは、それぞれのメリットを見ていきましょう!

 

利き手でロッドを持つメリット


ロッドの写真

それではまず、利き手でロッドを持った場合のメリットを見ていきましょう。

右手でロッドを持った場合、まず恩恵を受けるのは操作感です。

利き手でロッドを操る事が出来るので細かいロッドワークでルアーの操作がしやすくなります。

また、長時間ロッドを操作しても利き手であれば疲れ辛いですね。

そして次に恩恵を受けるのはキャストからルアーをピックアップするまでロッドを持ち替えずに済むという点です。

日に何度もキャストする中で持ち替えがないことは時間の節約にもなりますし、ロッドの持ち直しによって操作感を一時的に失うことも避けられるので、着水と同時にバイトがあっても合わせる事が出来ます。

以上のメリットからよく打ち物系のタックルではロッドを利き手に持つ形が好まれる事が多いです。

 

 

利き手でリールハンドルを持つメリット


リールハンドルの写真

次いで利き手でリールハンドルを持った場合のメリット見ていきましょう。

利き手であるメリットがそのまま巻く動作に影響します

つまり、巻くスピードの細かな調整、巻き抵抗の大きなルアーも力に余裕をもって巻けますし、一日中巻き続けても疲労し辛くなります

そのため巻物系のタックルでは利き手でリールハンドルを持つ形が良く好まれています。

また、ハンドルを常に握ってる体勢、利き手でロッドを持っていない事への補助として両手を無意識に使うこともあり、アタリを感じてからフッキングまでの早さやパワーがあります

魚をかけてからの巻く力も当然強いです。

 

まとめ


ハンドルの右左はつまり、利き手で何をしたいかという事になります。

最終的には自分が釣りをしやすい形でタックルを組むのが一番だと思います。

上で紹介させていただいた事も参考程度にしてもらえればと思います。

両利きの人もいれば、利き手でなくても動作ををこなせてしまう人もいるでしょう。

何より自分の納得する形で釣りをすることが大事です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

それでは、良い釣りを!

オススメ記事:打ち物と巻き物、両方こなせる万能なオススメのベイトリール!